かみ傷(咬創)ネコ、イヌ、ヒト

動物やヒトの口の中には、多くの雑菌が存在しています。
動物に手をかまれたり、けんかで相手の顔を殴った時に相手の歯でけがをすると、そこから感染をおこすことがあります。
特にネコのかみ傷は、傷が小さく深部まで達するので、深部に菌が残ったままになり、感染のリスクが高いと言われています。
軽症と思って放置した場合に重症化することもありますので、創が小さくても、すぐに病院を受診し、適切に創の処置、抗菌薬の投与を行う必要があります。

 
 
 

当院は予約制ではありません
診療時間内のお好きな時にいつでもご来院ください

※木曜日は八十田医師(当医療法人理事長)の診察です
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜祝日

046-874-6105