ガングリオン

ガングリオンは皮膚の下にできる、小さな球状の腫瘤(こぶ)です。
通常痛みはありませんが、場所によっては痛みが出る場合もあります。
内部には白黄色のゼリーのような液体が貯留しており、エコーで診断できます。
治療は通常必要ありませんが、場合によっては針で穿刺したり、手術で摘出することもあります。