テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

腕を使いすぎることにより、肘の外側にある筋肉の付着部で炎症が起きて、肘から前腕にかけて痛みを生じます。
テニスをする人に多いのでテニス肘と呼ばれますが、テニス以外でも腕を使うことが多い人に起こります。
使いすぎが原因ですので、まず安静にすることが重要です。
ストレッチを行うことにより、血液循環が促進され、腱の柔軟性が得られます。
専用のテニス肘バンドを使用することにより、筋肉の収縮が肘に伝わりにくくなり、負担を軽減することができます。
症状が強い場合はステロイド注射、手術を行うこともあります。