ドゥ・ケルバン腱鞘炎

手首の親指側にある腱は、腱鞘というトンネルを通っています。
手をよく使う人は、腱と腱鞘との間で炎症が起き、痛みが出ます。
手首を小指側に曲げた時に痛みが出るのが特徴ですが、母指CM関節症と症状が似ているので、正しく診断することが重要です。
治療は、適切なサポーターを使い、炎症のある部位の安静をとることが基本です。
それでも痛みがなくならない場合には、ステロイドの注射や、手術を行うこともあります。