リハビリテーション

整形外科疾患の治療では、運動や身体機能の調整を行うリハビリテーション(理学療法、作業療法)が重要です。
国家資格を保有した理学療法士、作業療法士が適切なリハビリテーションを行うことにより、患者さんが困っている症状の改善を目指します。

また、物理療法機器を使用した治療(物理療法)も行っています。 理学療法、作業療法を行う前に、患部をあたためたり、全身をほぐすことにより、リハビリテーションの効果を高めます。


理学療法・作業療法は予約制となっております。リハビリテーションが終わった後、次回の予約を取っていただいております。
電話で予約を取ることもできます(リハビリ直通番号:046-874-6385)。
都合によりリハビリをキャンセルされる時は、お手数ですが電話で連絡をお願いします。

物理療法のみのご利用は、予約は不要です。
診療時間内に来院していただければ、いつでも施行することができます。

理学療法

理学療法では、関節可動域制限、筋力低下、歩行困難などの障害に対して、検査や評価に基づいた治療計画を立て、リハビリテーションを実施します。 また、普段の生活習慣や動作などが、関節や筋肉に負担をかけ、痛みを生じているケースに対しては、日常生活動作指導を行います。

理学療法スタッフ

作業療法

作業療法では、手外科疾患を中心に扱っています。手のリハビリテーションは特殊であるため、手の解剖と病態を十分に理解した上でリハビリテーションを行う必用があります。医師と作業療法士で十分に連携をとり、安全にリハビリテーションを実施いたします。

作業療法スタッフ

リハビリテーションの流れ

1 状態の確認

初回のリハビリは、通常40分お時間をいただきます (予約状況によっては初回20分になることもあります)。
医師のリハビリオーダーをもとに、患者さんのお話を詳しく聞き、これまでの経過、患者さんの訴えをしっかりと把握します。

2 身体機能の評価

得られた情報を元に、身体機能の評価を行います。
筋力や関節可動域、また日常生活動作においてお困りの点や痛みが起こる動作などを調べ、患者さんごとに改善すべき要素を評価します。

3 理学療法・作業療法

医師の診断・指示と評価情報を元に、理学療法・作業療法プログラムを設定します。
身体状況に合わせ、関節可動域訓練、ストレッチ、筋力トレーニング、リラクゼーション、日常生活動作訓練、テーピングの指導などを行っていきます。

4 自主トレーニングの指導

リハビリは、当院で行う限られた時間だけではなく、自宅での自主トレーニングも大事です。
自主トレーニングの指導を行い、要点を書いたメモをお渡ししますので、できれば毎日自宅でトレーニングをしてください。
身体の状態の変化に応じて、自主トレーニングのメニューも変更していきます。

5 リハビリの継続

週に1~3回程度の頻度でリハビリ通院していただき、症状の改善を目指していきます。
万一症状の改善がなかなか見られない場合は、担当医と話し合い施術方法を再検討いたします。
担当医と理学療法士・作業療法士は定期的にカンファレンスを行い、情報を常に交換しています。

物理療法

万が一治療中や治療後に異常を感じた場合は、すぐにお申し出ください。

以下の項目に当てはまる人は、物理療法を施行できない場合があります。
□ ペースメーカーが入っている人
□ 体の中に金属が入っている人
□ 妊娠中の人
□ 治療部に皮膚疾患、傷、刺青がある人

 

当院は予約制ではありません
診療時間内のお好きな時にいつでもご来院ください

※木曜日は八十田医師(当医療法人理事長)の診察です
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜祝日

046-874-6105