変形性膝関節症

膝関節の軟骨がすり減り、関節が変形し、膝の痛みが出たり膝に水がたまったりします。
O脚になることが多く、膝が痛いため階段を降りづらくなったり、膝が曲がらずに正座ができなくなります。
ふとももの筋肉(大腿四頭筋)のトレーニングや減量により治療します。
変形が強い場合は手術を行うこともあります。

半月板損傷

半月板は、膝関節の大腿骨と脛骨の間にある軟骨様の板で、膝のクッションの働きをします。
半月板が損傷すると、膝の痛みやひっかかりを生じます。
ひっかかりが強いと、急に膝が動かなくなり激痛を生じます(ロッキング)。
痛みが軽度の時はリハビリテーションで改善しますが、痛みが強い場合は手術を行うこともあります。

黒い半月板の断裂部に白い関節液が入り込んでいます。