手根管症候群

手首の部分の手根管と呼ばれる神経の通り道で正中神経が圧迫され、手の痛み、しびれ、筋力低下を生じる病気です。
原因は不明ですが、女性に多く、手の使いすぎが原因とも言われています。骨折や関節の変形によっても生じることがあります。
頚椎の疾患でも同じような症状が出ることもありますが、鑑別のためには神経伝導速度検査が有用です。
内服薬、夜間装具などにより治療を行いますが、治らない場合はステロイド注射、手術を行うこともあります。

肘部管症候群

肘の内側の肘部管と呼ばれる神経の通り道で尺骨神経が圧迫され、手のしびれや筋力低下を生じる病気です。
肘の変形や、靭帯や腫瘍による神経の圧迫などがその原因です。
頚椎の疾患でも同じような症状が出ることもありますが、鑑別のためには神経伝導速度検査が有用です。
軽症の場合は内服薬で治療を行いますが、筋力低下が起きるくらい進行している場合は手術を行うことがあります。

 
 
 

当院は予約制ではありません
診療時間内のお好きな時にいつでもご来院ください

※毎週木曜日、毎月第3土曜日は代診医師の診察です
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜祝日

046-874-6105