突き指

突き指は単独の病名ではなく、ボールなどが指先に当たることにより、指に縦方向の力が加わった時に起こる外傷の総称です。
剥離骨折や脱臼骨折、腱損傷、靭帯損傷などが起きることがありますが、出血が少ないので疼痛や腫脹が少ないこともあり、放置されることも多いです。
発見が遅れてから治療を開始すると治療が困難になりますので、早期の整形外科受診をお勧めします。

橈骨遠位端骨折

手をついて転んだ時などに、手関節の部分で橈骨が折れる骨折です。
特に骨粗鬆症がある人では起こりやすい骨折です。
骨折部が安定している骨折かずれやすい不安定な骨折であるか、また関節面のずれがあるかないかにより、ギプスによる保存治療が可能か、手術が必要であるかを決定します。

舟状骨骨折

手をついて転んだときなどに、手のひらの付け根の部分で舟状骨が折れる骨折です。
舟状骨はレントゲンで骨折を見逃しやすい骨ですので、レントゲンで正常に見えても痛みが強く骨折が疑わしい時は、MRIやCTを撮影して診断します。
また、舟状骨は血行が悪い骨ですので、骨折を見逃してしまい後になって分かった時には、骨がつかないままの状態(偽関節)となっていることが多く、治療が困難ですので、受傷早期に正しく診断することが重要です。

 
 
 

当院は予約制ではありません
診療時間内のお好きな時にいつでもご来院ください

※毎週木曜日、毎月第3土曜日は代診医師の診察です
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜祝日

046-874-6105