手根管症候群

手首の部分の手根管と呼ばれる神経の通り道で正中神経が圧迫され、手の痛み、しびれ、筋力低下を生じる病気です。
原因は不明ですが、女性に多く、手の使いすぎが原因とも言われています。骨折や関節の変形によっても生じることがあります。
頚椎の変形でも同じような症状が出ることもありますので、鑑別が必要です。
内服薬、夜間装具などにより治療を行いますが、治らない場合はステロイド注射、手術を行うこともあります。