母指CM関節症

母指CM関節の関節裂隙狭小化、骨棘形成、関節亜脱臼を認めます。

親指の付け根の関節(CM関節)は、ものをつまむ時に強い力がかかります。
長年手に負担がかかると、関節の軟骨がすり減り、骨が亜脱臼を起こしてきます。
サポーターで親指の運動を制限することにより関節の安定性が得られます。
ただし、サポーターを間違ってつけている人も多いので、正しく装着することが大事です。
痛みが強い場合はステロイド注射や手術を行うことがあります。