痛風、高尿酸血症

プリン体を多く含む食べ物を摂りすぎた時に、プリン体の老廃物である尿酸の血中濃度が高くなると、関節の中に尿酸の結晶ができます。
これにより関節の炎症が起き、急激に関節が痛くなります。
関節炎は足の親指のつけねで起こることが多いですが、他にも手、肘、膝など色々な関節で起こります。
また、痛みがなくても、尿酸の高値が続いた場合に尿酸結晶が腎臓に沈着して腎障害を起こすこともあるので注意が必要です(痛風腎)。
内服や食事療法により、尿酸値のコントロールを行います。