テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

腕を使いすぎることにより、肘の外側にある筋肉の付着部で炎症が起きて、肘から前腕にかけて痛みを生じます。
テニスをする人に多いのでテニス肘と呼ばれますが、テニス以外でも腕を使うことが多い人に起こります。
安静にすることが重要ですが、腕を全く使わないことは不可能ですので、腱に負担のかからないような動作をするよう生活指導を行います。
また、ストレッチを行うことにより、血液循環が促進され、腱の柔軟性が得られます。
専用のテニス肘バンドを使用することにより、筋肉の収縮が肘に伝わりにくくなり、負担を軽減することができます。
症状が強い場合はステロイド注射、手術を行うこともあります。

肘関節遊離体(関節ねずみ)

関節の中に、軟骨や骨のかけらが存在し、関節の中を動き回ることがあります。
関節内遊離体または関節ねずみと呼ばれ、肘関節、膝関節、足関節などに起こることが多いです。
遊離体が関節の狭い隙間に挟まると、強い痛みと、関節の運動制限を認めます。
症状が強い場合には手術となることがあります。

野球肘

成長期にボールを投げすぎると肘の傷害が起こります。
肘の外側で骨や軟骨が剥がれたり、肘の内側で靭帯や成長軟骨が傷んだり、色々な部位の損傷が起こります。
まずはスポーツを中止して安静にしますが、損傷が強い場合は手術となる場合もあります。

 
 
 

当院は予約制ではありません
診療時間内のお好きな時にいつでもご来院ください

※木曜日は八十田医師(当医療法人理事長)の診察です
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜祝日

046-874-6105