肘部管症候群

肘の内側の肘部管と呼ばれる神経の通り道で尺骨神経が圧迫され、手のしびれや筋力低下を生じる病気です。
肘の変形や、靭帯や腫瘍による神経の圧迫などがその原因です。
軽症の場合は内服薬で治療を行いますが、筋力低下が起きるくらい進行している場合は手術を行うことがあります。