肘関節遊離体(関節ねずみ)

関節の中に、軟骨や骨のかけらが存在し、関節の中を動き回ることがあります。
関節内遊離体または関節ねずみと呼ばれ、肘関節、膝関節、足関節などに起こることが多いです。
遊離体が関節の狭い隙間に挟まると、強い痛みと、関節の運動制限を認めます。
症状が強い場合には手術となることがあります。