野球肘

成長期にボールを投げすぎると肘の傷害が起こります。
肘の外側で骨や軟骨が剥がれたり、肘の内側で靭帯や成長軟骨が傷んだり、色々な部位の損傷が起こります。
まずはスポーツを中止して安静にしますが、損傷が強い場合は手術となる場合もあります。