骨粗鬆症

加齢や女性ホルモンの減少により骨の強度が落ちると、軽く尻もちをついた時などのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。
特に、大腿骨頚部骨折を起こした場合は、手術をしなければ歩けなくなってしまいますので、骨折を起こす前に骨粗鬆症の治療を開始して予防しておく必要があります。

骨粗鬆症の検査法は、踵や手で測定する方法など各種ありますが、当院では信頼度が高いDEXA法で、骨密度を正確に測定します。

骨粗鬆症と診断がついた場合には、次に採血で骨代謝マーカーを測定します。
治療薬には、骨の形成を助ける薬や、骨の吸収を抑える薬などがありますが、骨代謝マーカーを参考に適切な薬をおすすめします。